2011/1/26 水曜日

LibreOfficeは、OpenOffice.orgよりも対「Microsoft Office」互換性が向上

Filed under: 表計算, OpenOffice.org, Microsoft Office, Excel, LibreOffice — matsui mikihiko @ 11:22:29

OpenOffice.orgの新しい派生ソフトであるLibreOffice3.3.0がリリースされました。LibreOfficeは、OpenOffice.orgの主要メンバーが2010年9月28日に設立したThe Document Foundation(略称TDF)という新しい組織が開発した新ソフトです。
TDFは、設立時に、Oracleに対してOpenOffice.orgの商標を引き継がせてくれるように求めたのですが、Oracleは引き続きOpenOffice.orgの開発を継続することを発表しました(まもなく==本日中にも==、OpenOffice.org3.3.0がリリースされるものと思われます)。そういった経緯もあって、LibreOfficeの最初のバージョンは3.3.0から始まっています。

さて、そのLibreOfficeですが、機能のほとんどはOpenOffice.orgと同じです。アイコンなどの見た目が違うだけといって良いでしょう。「これまでのOpenOffice.orgよりも開発を加速する」というのがポリシーのようなので、今後は新しい機能が搭載されてくると思われます。筆者は、大いに期待しています。

ほとんど同じとはいえ、今回のバージョンでも何カ所か歓迎すべき機能の改善が加えられています。OpenOffice.orgよりも対Microsoft Office互換性が向上していることです。表計算ソフトのCalcに絞って、4点ほど紹介します。

(1) 範囲選択時に、開始位置のセルが「アクティブセルになる

OpenOffice.orgでは、最終位置のセルがアクティブになるので、Excelと同じ操作性を得るには、範囲選択後Enterキーを1回押してアクティブセルの位置を移動する必要がありました。

ph001.png
【キャプション】
シート上をドラッグして範囲を選択したときのアクティブセルの位置がExcelと同じになっている。

(2) Deleteキーを押すと内容がクリアされる

Excelでは、Deleteキーを押すと書式を除いたデータがクリアされますが、OpenOffice.orgでは、Deleteキーを押すと「内容の削除」ダイアログが表示されました。Excelと同じ操作性を得るには、BackSpaceキーを押す必要があったのですが、LibreOfficeではBackSpaceキーとDeleteキーのキーアサインが交換されています。これで、Excelからの移行ユーザーも戸惑わなくなることでしょう。

ph002.png
【キャプション】
OpenOffice.orgではDeleteキーを押すとこのダイアログが表示された。LibreOfficeではBackSpaceキーを押したときにこのダイアログが表示されるように変更されている。その結果、Deleteキーの操作はExcelと同じになった。

(3) 新しいシートを追加するタブ

Excel2007−2010には、シートタブの一番右側に「+」マークのタブがあり、ここをクリックすると新しいシートが追加されます。OpenOffice.orgでもシートタブの右側余白をダブルクリックして「シートの挿入」ダイアログを表示することができたのですが、手軽さの点で見劣りしていました。LibreOfficeでは「+」マークのタブが用意され、Excel2007−2010と同じ操作性になりました。

ph003.png

【キャプション】
Excel2007−2010互換の「シートの追加」ボタンが用意されている。

(4) 「セルの結合と中央揃え」ボタン

Excelの「セルを結合して中央揃え」ボタンに相当するOpenOffice.orgの機能は「セルの結合」ボタンで、同じ処理をするにはさらに「中央揃え」ボタンを押す必要がありました。LibreOfficeでは、このボタンが「セルの結合と中央寄せ」に変更されているので、Excelと同じ処理が可能です。

ph004.png

【キャプション】
OpenOffice.orgの「セルの結合」ボタンは、LibreOfficeでは「セルの結合と中央寄せ」ボタンに変更されている。Excelと同じ手順で処理ができるようになっている。

HTML convert time: 0.117 sec. Powered by WordPress ME