肌の水分保持機能を改善したり皮脂分泌の抑制効果など

様々な効果が認められた「ライスパワー」。

 

ライスパワー配合の化粧品と高保湿成分であるセラミドを

配合した化粧品ではどちらの方がほうれい線に効果が

あるのでしょうか?

 

比較してみました!

 

 

ライスパワーとセラミドについて

ライスパワーエキスとは

天然素材であるお米を麹菌・酵母・乳酸菌といった自然界に

存在する微生物の力を活用し90日間ゆっくりと発酵・熟成

させたエッセンス。

 

発酵条件の組合せによって、さまざまな種類のライスパワー

エキスが生成され、その効果・効能にあわせてNo.(ナンバー)

がつけられています。

 

ライスパワーNo.11とは

ライスパワーNo.11は一般的な保湿とは異なり肌のセラミドを

生産し水分保持機能を改善する効果があります。

 

使い続けることで肌に水分を与えるだけでなく肌自ら潤う

力を育み健康な肌へと導いてくれます

 

ライスパワーNo.11を配合した化粧品

ライスフォース

ライスパワーNo.11を配合した化粧品で一番口コミ評判が

高いのが「ライスフォース」です。

 

ライスフォースのディープモイスチュアシリーズは全商品に

「ライスパワーNo.11」エキスが高濃度で配合されており、

そのほとんどが「医薬部外品」です。

 

水分保持機能を改善する

ライスパワー No.11は、肌のセラミドを生産し水分保持機能を

高める成分です。

 

使い続けるうちに肌が自らセラミドを作り出せるようになり、

健康な状態に改善してくれます。

 

角質層深くまでしっかり潤う

ライスパワーNo.11エキスはコラーゲン、ヒアルロン酸に続いて

注目を浴びている保湿成分のひとつです。

 

使用前と使用後では肌の保湿力が2倍以上になることも珍しくなく、

肌本来の潤いを蓄える素肌力をアップしてくれます。

 

低刺激

セラミドが不足してバリア機能が落ちている肌は、

わずかな刺激にも敏感になっています。

 

ライスフォースは香料や着色料、石油系界面活性剤、

動物性原料などは無添加なので肌の弱い方でも安心して

使用することができます。

 

 

セラミドとは

セラミドは肌の角質層で、細胞と細胞の中でスポンジの

ように水分や油分を抱えこんでいるような存在(細胞間脂質)で、

肌にうるおいを与えます。

 

ヒト型セラミドとは

酵母を利用して人工的に生成されるセラミドで、

人の肌がもともと持っているセラミド成分と同じ

化学構造で作られているのが特徴です。

そのため、天然セラミド同様に肌への親和性・浸透性に

優れています。

 

ヒト型セラミドを配合した化粧品

エトヴォス

ヒト型セラミドを配合した化粧品の中で一番口コミ評判が

高いのは「エトヴォス」です。

 

エトヴォスは保湿のためのキー成分であるセラミドを軸に、

肌機能アップや若々しい肌へ導くための成分を皮膚科学に

基づいて配合しています。

 

セラミドを守りながら洗う洗顔料、肌の土台を整える化粧水、

セラミドを補う美容液の総合的なアプローチで、肌本来の力を

高めるスキンケアシリーズです。

 

エトヴォススキンケア

 

 

ライスパワー化粧品とセラミド化粧品はどちらの方がほうれい線に効果があるの?

ライスパワーNo11とセラミド配合の基礎化粧品を選ぶとき、

肌の潤い対策として即効性を求めるか本来の肌力強化に

重点を置くのかがひとつの判断基準になってきます。

 

即効性があるのはセラミド配合化粧品

セラミド配合化粧品はセラミドを角層に浸透させるので、

セラミド不足からくる乾燥に即効性があります。

 

一方、ライスパワーNo11配合化粧品はセラミドを生成する

働きを持つため、本来の肌力アップに期待できるという

ことです。

 

持続性があるのはライスパワー配合化粧品

ライスパワー配合化粧品は基底層までライスパワーNO11が

届くことによって、水分が蒸発するのを防ぎ、潤いを

長時間保ってくれます

 

一方セラミド配合化粧品は粒子が大きく、肌の内部にまで

浸透しにくいため長時間潤いを持続するのが難しいようです。

 

どちらを選べば良いの?

今ある肌トラブルを改善したい、炎症が起きているなど、

バリア機能の低下がひどい場合は抗炎症作用の含まれている

ヒト型セラミドが配合された化粧品がオススメです。

 

炎症を抑えながら、ヒト型セラミドで今不足している

セラミドを瞬時に補ってくれるので表面は守られ、

守られている間に内部では新しいセラミドの合成が行われます。

 

一方のライスパワーNo.11はヒト型セラミドほど

即効性はありません。

 

肌のセラミドの合成を促していくので、緩やかに効いていき、

気づけばセラミドの保有量が増えているという状態に!

 

肌質を根本的に改善したいという方にはライスパワー配合の

化粧品がおすすめです。

 

つまり、どちらもほうれい線に効果があるが、根本的に

改善するなら「ライスパワー配合の化粧品」の方が良い

ということになります。

 

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

 

・ライスパワーNo.11は肌のセラミドを生産し

水分保持機能を改善する効果がある。

 

・人の肌がもともと持っているセラミド成分と同じ

化学構造で作られているのが特徴で天然セラミド

同様に肌への親和性・浸透性に優れている。

 

・ライスパワーNo.11配合の化粧品で一番口コミ評判が

高いのは「ライスフォース」。

 

・ヒト型セラミド配合の化粧品で一番口コミ評判が

高いのは「エトヴォス」。

 

・ほうれい線への効果で即効性が高いのはヒト型

セラミド配合の化粧品。

 

・ほうれい線の効果で持続力が高いのはライスパワー

No.11配合の化粧品。

 

・どちらもほうれい線に効果があるが、根本的に改善

したいならライスパワーNo.11配合の化粧品がおすすめ。